フリードリヒ・グラウザー - 狂気の王国(作品社)

f:id:linedrawing:20190725230233j:plain

血痕も飛散する荒らされた部屋を残し、行方知れずとなったラントリゲン精神病院長。
入院患者ピーターレンの、タイミング揃えたかの脱走との関連はあるのか。
対象からの直接指名で、院長代理のラードゥナー博士の警護に当たるシュトゥーダー刑事。
精神病院という閉じられた空間の中での捜査が始まる。
…と、ミステリーとしての体裁を用意したからには読者にフェアであらねばとするのか、施設の構造や状況説明、証言がつぶさに積み重ねられていく。
ところが不思議なことに情報が微に入り細を穿つほど、印象の中で舞台となる病院は表現主義映画のセットめいて捻じ曲がった書割と化していく。
それに、頁の多くを割いて語られるのは謎解きではない。
院内で人間性を慮ろうとする医者、患者の共闘する姿だ。
一向に成果の見えてこないことへの憤懣は、背景の1920年代の精神医療から溜まり続け、ついにはSPK(社会主義患者集団)のテロ行為へと至るのだろうか。
いや、そのような暴力で抜けるガスなんてない…現在も現場での苦闘は続いているはずだ。
日常生活を娑婆に置いていながら罪を犯した時のみ手を雪ぎに精神科の扉を叩く…そのような者が絶えない現在にあっては、病院の内外を引っ繰り返してしまうSPKの主張は妙なリアリティを伴って響く。
この小説の中でも謳われる病院の内外についての疑義。
狂気は伝染する…けれど本当のところ伝染ったのはどちらからどちらにだったのか?
ここで目指されている病院の姿とは、自己完結した世界のようだ。
罪も裁きも、傷も癒しも、生も死も、正も狂もすら外部に頼らず賄える世界。
それは内面に籠る患者の姿を思わせなくもない。
必要とされているのは救いではないのかもしれない…固有の世界の維持なのか。
作者は精神病院、監獄での監禁経験を基に物語を紡いでいる。
病んだ世界の内に精神病院という世界があり、病院の内で創作された世界があり、小説内の登場人物が内に抱える世界がある…入れ子状の箱が幾重にも閉じられていく。
箱が別ける内外とは、もはや正気/狂気ではあるまい。
自分自身が入っている可能性もある中身の知れぬ箱を突き付けられて、勝手に「事象」を解体し「謎」を組み立てた探偵役の二の舞を演じやしないかと、うろたえている。

 

TULLI LUM – Tulli Lum(CD Viljandi FolkMusic Festival ‘00)エストニア

f:id:linedrawing:20190720234103j:plain

エストニアのフォークロックバンドJUSTAMENT、JAAARメンバーらによるユニット。
普段演っているバンドの方をネットで確認してみる限りでは…アメリカのカントリー歌手が吹かすリーダー風を見て「おらの郷の節でも音頭取ってみんべぇ」と始めたんじゃないかと想起してしまうほどになんとも野暮ったい。
それが唄でこうも変わるものなのか。
エストニアの民謡も採り上げているものの一旦自分たちの土の匂いを忘れて、喧騒を鎮めるジャズ・クロスオーバーな演奏で場所を作る。
ぽっかり空いた渺茫たる響きの中に、野卑でいて可憐な女声が現れる。
反復する旋律を拍子取るように音節で切っていきながら伸びる音に口を閉ざさない謡いが強く耳に残る、叫ぶこともけれんに転がることもないのに。
演奏者が土を忘れる必要があったのは、きっとボーカルに迎えた彼女のルーツが他メンバーと異なるから。
ラトビア出身というばかりではない。
少数民族リヴォニア人であり、ファミリーバンドを端緒に母語としては失われたリヴォニア語で唄っているのだ。
かつて日常に思考され意思疎通していたはずの言葉が、今や応える者を持たないとは話者としてどんな気持ちだろうか。
けれど表現者/創作者があることの幸い…残りの内のひとりではなく、ひとりからでも始められると考えられるだろうから。
ひとりから始まった新造語エスペラントの拡まりを見よ(エスペラント語のトラッドについても、その内に書けたら)。
そもそも「わたし」にとっての「くに」とは、居場所であり居心地のことだろう。
土地を持たずとも、自分以外の民を持たずとも構わない。
ひとりひとりが王国の主なのだ。
それぞれが異なる「くに」にある人と人とが接するところに、新たなフォークロアが紡がれる。
山田章博の漫画(『夢の博物誌』所収「地下鉄で海へ」)の一節を採れば…「そんな所あるもんか」って言うたびに国はひとつずつ消えちまうんだ…ぜ。
JULGI STALTEの唄から始まるリヴォニア史は確かにある。
https://youtu.be/9KTP3285iG0

ヘレン・マクロイ - 暗い鏡の中に(創元推理文庫)

f:id:linedrawing:20190715180843j:plain

ネタに抵触せずに語ることなんて出来そうもないから、背表紙に手を伸ばしかけていた人は、こんな駄文で楽しみを薄めぬが良い。
美術教師フォスティーナは、寮制の女子学院へ赴任してから5週間で唐突に学長から解雇を言い渡される。
不審に思った同僚のドイツ語教師ギゼラは恋人に相談…かくして精神科医ウィリング博士は調査に乗り出す。
理由とされた噂話を招いた真実とは、果たして…。
ガラス細工みたいに綴られる次第を鋭利なまでに研くのは、花々めく登場人物たちの存在でも、宝石めく数々の小道具でも、幾何めく事象の配置でもない。
足掻きに足掻いても叶わぬ、社会に馴染めぬ者の切羽詰まった感覚だ。
それかあらぬか、その者は社会ばかりか世界からも拒否されてしまう。
物語は提起した謎に対してふたつの解を用意している。
関係者の印象に即して超常的な現象をも厭わぬがひとつ。
智を尽くして論理に齟齬なく筋道を通したがひとつ。
ただ、いずれもが「もし~であれば」を前提としなければ成立しないところは変わらない。
そして、いずれが真実だとしても「可哀そうな死」が覆らないことも一緒だ。
誰しも自身に有効な解しか導けない…名探偵もしかり。
オカルトもトリックも生者の価値領域にあって、自身の価値を求め続けた死者からはあまりに遠い。
いいや、決着を宙吊りにするこの小説こそが、社会に居場所を見つけられない者が採った解に見えなくはないか。
これは些か「叫び」に似ている。

催し案内

f:id:linedrawing:20190607125100j:plain

ここ数年断続的に試みている、輪として完成するドローイングを敢えて分断して提示すること。
その試みを続けていると、線と連続する点とが、双方向に変容可能なかたちに思えてくる。
映画の中の時間と、フィルムの一コマ一コマとのように。
眼が恣意性を以っていずれかを見るのではないか。
ならば僕の刹那の筆ですら、ずうっと引き延ばしてきた線の一部と見えるかもしれない。
ということで遠く鳥取に点を打つべく、ドローイングに伺います。
神奈川から鳥取へと一気呵成の描線を見る者もあるのかな。
我が身を糸のように線で解体するのも、砂粒のように点で解体するのも、同じ事象の影。
ふむ、安部公房の小説『赤い繭』と『砂の女』を読み較べてみるか。

2019年6月21日(金) – 23日(日)
鳥取夏至祭2019】 at 鳥取市中心市街地ほか
鳥取のまちなかで音楽とダンスに出会う3日間。
わたしたちは踊りたいから踊り、奏でたいから奏でる。音楽もダンスも美術も。今、ここで作り出されるその瞬間を楽しむために、プロもアマチュアも垣根を越えて、ただ遊ぶところから、全ては生まれるのだと思います。劇場を抜け出して街のさまざまなところで始めてみます。もしかしたら通りがかりに出会うかも。一緒に巻き込まれてみてください。街はあそびば。
(チラシより)

-
詳細:
https://tottori-geshisai.jimdo.com/

ピエール・シニアック – ウサギ料理は殺しの味(創元推理文庫)

f:id:linedrawing:20190618225442j:plain

労働も経済も工場で賄われている街。
自己完結している土地のガス抜きとなるのは、百貨店と売春、そして場違いに内外まで味の知られたレストラン。
81年フランス産ミステリといっても、些か単語に修正を加えれば、なんとまぁそのまま日本の郊外の現在にそっくり重なるかの設定。
さてそのレストランの日替わりディナー・メニュー、木曜に「狩人風ウサギ料理」が出るとなると、決まって殺人が起きる。
背景は不毛な郊外のリアルでも、繰り広げられるのはカートゥーンの影響露わなドタバタとした謎解き。
登場するは自らの性の嗜好に率直な人物ばかり…といっても、影響元は『フリッツ・ザ・キャット』じゃないだろう。
普通に『トムとジェリー』みたいなカートゥーンを…個人的には『ドルーピー』とかのテックス・エイヴリー監督作を想起してもらいたいところ。
ネタバレに繋がるから言い難いのだけれど…そう、あの一向に懲りない延々たる反復こそがここにある。
それもドミノ倒し的に…いやピタゴラ装置的に、ルーブ・ゴールドバーグ・マシンめいて…連なる事象が反復される。
カートゥーン流の反復では、まぁ、猫と鼠の追い掛けっことか…何者かの欲求が宙吊りにされ続けるのだから、これを更に「独身者の機械」と読み換えることも可能だろう。
作中に「レーモン・ルーセル文化センター」なんて施設が現れるのだから、あながち間違った読みでもあるまい。
そしてこの機械は、猛烈な暴力をも歯車にして「日常」を駆動させるのだ。
はたと読んでいる自分の「日常」構造はと想わずにはいられない。
ほら、真っ黒なまでの笑いで以って痒くなるのは、日本の現在もやっぱり一緒だろ。

 

 

 

 

ホレーニア – 白羊宮の火星(福武文庫)

f:id:linedrawing:20190531210443j:plain

 ヴァルモーデンは、兵役の年季を済ませてしまおうと出頭した演習から数日もしない内に、詳細明かされぬまま実戦の内にいる。
状況が戦争へと踏み込んでいく次第が、夢と現が侵犯し合う濃密なまでの予兆に満ちた世界として綴られていくのだけれど…。
このヴァルモーデンという人物、いささか劣情過多で、上官宅で出交わした謎めいた女性のストーカーと化してしまい、せっかくの徴を恋眼でしか読もうとしない。
時代設定から80年も先の未来の僕からすると、作戦がナチスによるポーランド侵攻だと察しが付いて、舞台上の喜劇役者に声掛けるように危機迫る方向/錯誤を教えたくもなる。
その上、かたちは違えど予兆得ているのはどうも主人公ばかりではないようで、読み違うところまで揃って皆。
運命の女、フィクサー、実直な職業軍人…当人ですらそう自覚しただろう、お定まりのキャラクターが通用しなくなっていく。
侵略という行為の加害者意識すら与えてもらえないのだ。
各人の慮る物語を根こそぎにするのが戦争と言えるのかもしれないが、結末近くに読みを正されるのは現在の読者であっても殆どじゃないだろうか。
僕は数々の徴が帰結するところに吃驚した…こんなの予想付くかっての。
如何様にも調べられる歴史で読者を優位だと思い込ませておいて引っくり返す…そういう意味では本格推理の手触りがなくもない。
言外にヒトラーも運命を読み切れていないと腐されている。
世界の因果を読み切れる者なんて何処にもいない。
ところが第二次世界大戦も終わっていない1940年の作家が、「現在」の読者を罠に掛けているのだ。
作者ホレーニアの視座の在処を思うと恐ろしい。
世界を読むのではなく、(架空であろうと)世界を作るという強みだろうか。

展示案内

f:id:linedrawing:20190124231214j:plain

今更正体はバレバレだが、素顔曝しながら暗躍と嘯く怪盗やヒーローと近しい存在を狙って…’謎’の美術家トリオH!C!P!が初の展覧会を山梨で開催!

これを見逃す手はないでしょ。

2019年2月16日(土) – 3月10日(日)
【もものやま】H!C!P! 展 at 三彩洞
11:00 - 18:00(最終日17時迄) 月曜・火曜定休
-
三彩洞
山梨県甲府市貢川1-1-12
tel. 090-1456-4803
https://www.facebook.com/g.sansaido/
-

■もものやま
純粋芸術家による暴走奇天烈トリオ、H!C!P!。
No メッセージ, No センス、助走に全力を費やし・跡には何も残さない。
我々の疾風怒濤の進撃があなたの住む土地土地を脅かすだろう。
今回の三危人、季節外れにも桃を求めて山梨彷徨うおとぼけ。
季節問わぬ桃で迫るハニートラップの罠を掻い潜り、遂には自分たちで拵えた「もも」の正体とは?
その秘められた計画の発動を刮目して待て!
(H!C!P!)

■H!C!P!とは
各々独自の活動を見せる美術家3人が、岡山県で催された「旅するアート」に揃って参加したことを機に、2012年結成。
以来、プロダクツやステイトメントの発表のみで活動予告を重ねてきたH!C!P!。
今展「もものやま」が結成6年目にして初の展覧会となります。
遂に全貌が明らかにされるユーモアと機知に満ちた彼らの世界、ぜひにお楽しみください。